こんにちは有本です。

完全自動EAのFXブラックジャック伝説が注目されています。ほったらかしで300倍、500倍というフレーズが目を引きます。

  • 完全自動ほったらかしで5億円を記録
  • 知識・経験・センスも必要なし
  • 世界一の完全自動売買システム

とFX特有の大金をエサにした広告文句が並びます。

早速、メールアドレスを登録するとチャットワークへの登録へ案内されます。

チャットワークへの案内ということで早くも心当たりがありますが進めていきましょう。

紹介動画などは一応ありますが、開発者が顔出しすることはなく淡々と音声メッセージのみが流れます。

さてどのような商材なのでしょうか追跡で調査してみました。

FXブラックジャック伝説は詐欺!その理由と詐欺手口

① クロスグループの商材であること

結論から言うとこのFXブラックジャックは詐欺の可能性が非常に高いです。

理由はこの商材のLPに記載の「特定商取引法に関する表記」に隠れていました。

詐欺商材販売で有名なクロスリテイリング社の商材なのです。

過去にも当ブログで紹介した様々な商材があります。

<過去記事:億のアジト(武田章司)のFXトレードツールは詐欺?口コミ評判使った感想>

<過去記事:エルドラド(FX-Katsu)のFXトレードツールは詐欺?口コミ評判使った感想>

<過去記事:複合型トレードシステム零式は詐欺?口コミ評判使った感想>

過去には経営者の巨額脱税や、ユーザーとの訴訟問題なども抱えるこの会社、毎月のように究極のツールや手法が開発されたと銘打って商材販売していますが、そんなに究極手法ならそんなに毎月リリースされるはずがありません。

同じような商材が名前だけ変えて出ているだけなのでこの会社の商材の時点で関わってはいけない商材であることが分かります。

② 広告文と実績の釣り合いが取れていない

LPには100万円の資産をほったらかしで5億円にしたなどという文面が見られますが、はっきり言ってあり得ないリターンです。

日本国内のFXのレバレッジ限度は25倍

つまり証拠金の25倍のボリュームでの取引が可能ですがこれが限界なのです。

例えば、証拠金100万円でフル運用し、USドル円で100pip(1円の値動き)の利益をとったとします。近年ではUSドル円が1日単位で1円以上値動きすることは非常に珍しく、月に1度あれば良い方です。

この場合の利益はおよそ25万円です。利益率で言うと25%。これが国内FXの限界なのです。

資産を短期間で500倍に出来るような手法はあり得ません。

そもそもそんな取引が出来ているのであれば世の中ミリオネアだらけです。

商材のターゲットがあくまで初心者なので騙されてしまいますが、FX投資を少しでもやったことある人ならすぐに見抜ける嘘広告であることが分かります。

FX ブラックジャック伝説は詐欺!絶対に関わってはいけない

  • 悪名高きクロスグループの商材
  • あり得ないほどの誇大広告

これだけでも詐欺商材であることは確定であり、関わってはいけません。

加えてクロスグループお得意のチャットワークを使った洗脳手段が今回も使われることが確実です。

これについても過去記事で解説していますが、チャットワークという誰でもコメントできるチャットにターゲットを誘導してそこで動画などを用いて徐々に教育し、最終的には購入を促します。

クローズドな空間に誘い、洗脳するのは詐欺の常套手段です。絶対にチャットにコメントなどもしてはいけません。

コメントをすることで向こうにとってより洗脳しやすいカモを選別されているのは確実です。

くれぐれも気をつけてください。

確実に稼ぐ方法

 

私は現在、月収100万以上の金額を、一週間に1~2時間程度の作業で稼いでいます。平日から旅行に行ったり、娘と公園で遊んだりと自由でストレスのない生活を送っています。

 

昔はサラリーマンをやっていたのですが、仕事が出来ず会社でも孤立しとても苦しかったです。1人でも出来る仕事を探した結果、アフィリエイトが稼げるということで、退職して実践を開始。ダイエットのサイトや、ドラマのサイトなどを作りはじめました。その結果、

  • 半年後…月収10万
  • 1年後…月収100万
  • 2年後…月収200万

と、サラリーマンの頃の何倍も稼げるようになりました。はっきり言って、正しいノウハウで行えば、誰でも稼げます。サラリーマンの副業でも月収100万以上稼いでる方が多くいます。

 

実際、私のコンサル生の方も、半年で月収100万以上稼げるようになっています。

もしあなたがお金を稼ぎたいのであれば、私が実際に稼いでいるノウハウを稼ぎ方を無料で教えていますので、是非ご登録下さい。

 

この記事に対するご意見・ご感想はこちらから